「向井くんはすごい!」はすごい! 高校生とかつて高校生だったみんなと僕らへ

LGBT

ももせしゅうへいさんの漫画「向井くんはすごい!」(上・下巻)が発売され即買いした

元々ツイッターで連載していた物をコミックスにしたものであり

Twitter時から気になっていた作品である

高校1年生の主人公森谷は、ゲイであり、周りにカミングアウトはしていない。

入学後できた友人に対しても「信頼に足る人物だろうか」と気を許せず、

日夜クラスメイトの動向をSNSでチェックしている。

そんな中、クラスメイトの向井君がゲイであるということがアウティング(本人の同意を得ずに暴露)されてしまう。

向井君は、イケメンで身長も高く、スポーツマンで人気者。

そんな向井君がゲイだった。

内心、ドジを踏んだなと思いながらも静観する森谷、

しかし向井君は一度広がってしまったものは・・・と慌てず

クラスメイトにも「気づいてあげられなくてごめん」「友情は変わらない」と受け入れられる。

それどころか、クラスの一部は結束を強め

「向井君を知ろう」「LGBTについて学ぼう」とサークルを立ち上げる。

みんなの動きに居心地の悪さを感じながらも、動向を探る為歩調を合わせる森谷

「彼らはゲイを本当に理解できるのか?」

「受け入れられたのは、向井君だったからではないのか?」

ゲイであることを受け入れられ、自然体で生活する向井君

ゲイに理解をしようと声を上げるクラスメイトを疎ましく思う、クローゼット(性的指向を非公開)な森谷

他にも、自分がゲイであること隠しながら、ゲイやクラスメイトの活動に否定的な発言をする寺西や。

ゲイを理解しよう!と声をあげつつも、先入観を持っている女子たちや

彼らを認めることで、一目置かれたい男子。

読んでいると、誰かに当てはまる、いや全員に当てはまる「高校生だった自分」を持っている人もいるはずだ。

高校生と、高校生だった人たちに、今一番読んで欲しい漫画

単なる青春群像でも、ありきたりな(もしくは痒いところに手が届かない)啓蒙漫画でもない。

言いたいこと、感じて欲しいこと、こんな人が当たり前にいるってことを

こんなにも自然に織り込んでくれた漫画

「すごい」って言葉、本来だったら語彙力低い感じがして好きじゃないけど

『向井くんはすごい!』はすごい!

 

【プロフィール】これからは武田
これからは武田

1986年東京都生まれ 
ライター/構成作家/LGBT+アドバイザー

LGBT+の「G」

お笑いライブ、トークライブ、イベント等の構成、裏方を務めつつ
2019年秋よりLGBT関連の執筆、セミナー、講演会等を始める

女装しない、オネェじゃないただのゲイ『タダゲイ』

これからは武田をフォローする
LGBT タダゲイについて
これからは武田をフォローする
ただゲイのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました